ブログ形式のサイト

道具

軽作業の人材募集の今までの歴史

自動車工場などの製造業の現場で働く人の増加が、日本の高度経済成長に伴う工業化の特徴である。
また工場での仕事の中でも軽作業の場合には、女性のパート労働者の役割が大きいことが特徴的であろう。
しかし産業構造が変化する中で、軽作業の求人内容の変化が顕著である。
特に最近では製造業だけではなくて、物流の分野の軽作業の求人が増えてきた点が時代の流れであろう。
その中には大都市近郊の倉庫内における軽作業の求人も数多くあり、学生や主婦も含めて幅広い人々が働く点が最大の特色であろう。
また近年ではスーパーもネット通販事業に進出しているので、スーパーが独自に整備した物流センター内での作業の求人も増えたために、地元の中高年労働者も増加中である。

今後の作業系の仕事の予測について

製造業や物流産業は経済を支える根幹なので、今後も軽作業の求人が増え続けるであろう。
特に自動車工業でもオートメーション化が進んでいるので、今までであれば体力が必要であった作業でも、軽作業化が進むであろう。
そのために業種を問わずに工場での軽作業の求人は、誰でも応募しやすくなるであろう。
また幅広い年齢層が働ける環境が整うために、シニア層が働きやすい雇用形態が定着するであろう。
そのために週3日勤務や1日当たり5時間程度の短時間勤務など、ライフスタイルに合わせた働き方も実現可能である。
一方で現在では派遣社員の比率が高い業種であっても、人材確保の観点から正社員化が進むことが想定可能である。
また正社員化が進むことで、誰でも安定した雇用環境で働けるであろう。